株式会社R.E.A.D.

NEWS

  • 2019.10.23

    軽井沢のプロジェクトのPCルーバー製作中

    工場から軽井沢のプロジェクトのプレキャストコンクリートルーバーの写真が送られてきた。
    ルーバーは、ゲストを非日常の世界に誘う回廊に取り付くもので、回廊を抜けた先には軽井沢らしい景観の庭園が広がる。北欧の教会の側廊のような柔らかい光が欲しかったので、ルーバーを45度に傾け、中央に溝を切り、溝に直接複層ガラスをはめ込む構造とした。
    設計当初は全てコンクリート製の想定だったが、運搬中の割れを防止するため、中央の連結部を鋼材に変更、また当初はルーバーを先に建て起こした状態で屋根スラブコンクリートを打設し、躯体と一体化させる設計としていたが、屋根スラブの支保工設置が極めて困難なため、わずかなクリアランスの中でけんどん式でルーバーを後施工する方針とした。
    製作・施工とも難易度は極めて高いが、高度な知識と豊富な経験を有する施工チームのたゆまないご協力のお陰で少しずつ実現が見えてきた。