株式会社R.E.A.D.

NEWS

  • 2021.04.05

    4/1より事務所を移転いたしました。

    4/1より事務所を移転いたしました。WEB上で古い住所が表示されてしまう場合がありますが、以下住所に移転しております。ご確認いただければ幸いです。

    東京都目黒区八雲2-10-23 ジュネス自由が丘102

  • 2021.03.25

    [HAUS_M]の竣工写真をアップロードしました。

    [HAUS_M]の竣工写真をアップロードしました。撮影は、建築写真家の高橋菜生さんによるものです。

    http://read-arch.co.jp/works/644/

     

  • 2021.02.13

    [HAUS_M]オープンハウスのお知らせ

    この度、川崎市で設計・監理を進めてきた住宅プロジェクトがまもなく竣工を迎え、建築主のご厚意により以下日程でオープンハウスを開催させていただくことになりました。

    ・‪‪2/21(土) 10:00〜18:00‬‬
    ・‪2/22(日) 10:00〜18:00‬‬

    コロナ禍の状況を受け、3密を防ぐためご案内時間帯を分け、完全予約制で開催することにいたしました。参加を希望される方は、以下事務所HPのContactフォームよりご連絡いただければ幸いです。
    (住所ほか個人情報のご入力は不要です)

    よろしくお願いいたします。

    [CONTACT]

    ※多数のお申込みをいただきましたので、お申込みを締め切らせていただきます。ご応募いただき、ありがとうございました。(2021.2.15)

     

  • 2021.02.01

    [Residence A]のプロジェクト情報をアップデートしました。


    [Residence A]のプロジェクト情報をアップデートしました。

  • 2020.12.07

    『モダンリビング 254号』に[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。


    本日発売の『モダンリビング 254号/ハースト婦人画報社』に、[軽井沢のセカンドライフハウス]が12ページに渡って掲載されています。

    https://www.hearst.co.jp/brands/modernliving/issue/201207

     

  • 2020.10.02

    オランダのWebマガジン『Archello』に[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。

    オランダのアーキテクチャーウェブサイト『Archello.com』に[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。
    英語名は[共生の家]を意味する[Symbiotic House]としました。環境との共生、他者との共生は、これからの時代の重要なテーマになると考えています。

    https://archello.com/project/symbiotic-house-in-karuizawa

  • 2020.10.02

    ニューヨークのWebマガジン『Leibal』に[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。

    建築、インテリア、家具、プロダクトに関する世界の最新のミニマルデザインを収集するニューヨークのWebマガジン『Leibal』に[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。

    Symbiotic House

  • 2020.10.02

    『architecturephoto.net』に、[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。

    「建築と社会の関係を視覚化する」をコンセプトに、建築についての情報を提供するサイト『architecturephoto.net(アーキテクチャーフォト・ネット)』に、[軽井沢のセカンドライフハウス]が掲載されています。

    岡田一樹 / R.E.A.D. & Architectsによる、長野の住宅「軽井沢のセカンドライフハウス」

  • 2020.09.06

    軽井沢のプロジェクトの竣工写真をアップロードしました。

    軽井沢のプロジェクトの竣工写真をアップロードしました。撮影は、吉村昌也さん[Copist]によるものです。

    http://read-arch.co.jp/works/244/

     

  • 2020.08.31

    川崎のプロジェクトの地鎮祭・地縄張り確認を行いました。


    8/20(木)、川崎の住宅プロジェクトの地鎮祭と地縄張りを行いました。建築主・施工チームとの顔合わせ、神事のあと、地縄を確認しながら、各部屋の配置、各開口部の位置や眺望、リビング吹抜けの5mの天井ラインなどを建築主と一緒に確認。隣地の公園の立派な桜の木々の景観は、リビングの大きな開口部を介して室内に取り込みます。

    <HAUS_M>
    http://read-arch.co.jp/works/644/